配送車にラッピングをするメリットとは?

車両に企業のロゴや写真(商品、経営者。

まったく新しい配送者のラッピングに関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

またはイメージキャラクター等)を貼り付ける、いわゆる「ラッピング広告」は宣伝専用の車両ならず、一般の配送車においても広く使用されております。



また、使用する車両も大型トラックから軽自動車まで、そのサイズも実に多様です。


配送車にラッピングをするメリットは「宣伝効果」です。

配送中の車両を目にした、不特定多数の人々が企業のロゴ等を目にするため、それを通じて企業の認知度が高まっていきます。



とりわけ最近はSNS等を通じ、写真にその姿をアップするケースも多く存在するため、個性的なラッピングは口コミによる宣伝効果も絶大です。
また、配送車にラッピングを導入するメリットは、直接企業を宣伝するだけではありません。塗装に比べ、非常にコストパフォーマンスが高いのが特徴です。

基本的には専用のフィルムを貼り付けるのですが、これは再び剥がす(再剥離)が容易なため、ロゴや写真を後から変更したい場合であっても簡単です。


例えば後に電話番号やメールアドレス、あるいはURLの変更があった場合であっても簡単に変更が可能です。

加えて、塗装に比べて環境の負荷が少ないのも特徴です。したがって、企業のホームページ等においてラッピング広告を施した配送車を通じ「環境問題に取り組んでいる企業」をアピールする事が可能です。


また、前述のとおり、再剥離が容易であるため、車両を売却する際は塗装を全て剥がして売却することが可能です。


下取りにも影響はほとんどありません。塗装と比べ、車両本体の汎用性という意味でも大きなアドバンテージだといえるでしょう。