業務用配送車両にラッピング

企業経営における経費の中、業種にもよりますが広告宣伝費はメディア媒体等ではかなりの経費と成ります。
特に運送業などでのメディア媒体広告の費用対効果は顧客の分類(法人か個人消費者)によっては効果が薄くなる場合も有ります。
運送業における最大の費用対効果で考えるならば自社の配送車両は大きな貨物室がある訳ですからその配送車両の貨物壁に自社広告を入れるのが費用対効果が最も大きいと予想されます。

気になる配送車両のラッピングが話題になっています。

配送車両なのであちこちへ荷物を運び人の目に止まるのは間違いありません。
では自社広告ですがより人の目に止まるには印字や番号のみではインパクトに欠けてしまいます。

やはり画像や写真等による宣伝効果は大きいでしょう。しかし塗装するとなると職人による手書き等、非常に高価な経費に成ってしまいますし更にいざ、変更しようとすると更に費用が掛かってしまいます。

そこで登場するのがカーラッピングです。



カーラッピングとは特殊なラッピングフィルムと言われるのもにコンピューターにてインクジェットプリンター機能による印刷です。

大きさも現在は非常に大きな物に対応するプリンターも有りますし前述の変更の際はシールを剥がす様に簡単に剥がすことが可能です。
施工には対象物が大きくなれば成る程、技術が必要と成りますので専門業者にラッピング職人なる者が対応します。
下手に素人が行うとフィルムとボディーの間に空気が沢山入りブツブツの状態になる事もありますしそのエアーポケットから破れて行きます。
配送車両のインパクトある宣伝広告には費用対効果の面でもカーラッピングがお勧めです。